PR
PR

米特別代表、近く日韓を訪問 北朝鮮対応で初協議へ

 【ワシントン共同】米国務省のナウアート報道官は29日の記者会見で、米政府の北朝鮮担当特別代表に就任したスティーブン・ビーガン氏が数週間以内に日本と韓国を訪問し、北朝鮮対応を協議するとの見通しを明らかにした。平壌を訪れるかは不明という。

 ビーガン氏が就任後、日韓を訪れるのは初めて。当初はポンペオ国務長官に同行して訪朝し、その後に東京で日韓の担当者らと顔合わせする見通しだったが、24日にトランプ大統領が急きょ訪朝中止を決めた。

 ビーガン氏は、訪朝中止に至った経緯や今後の対応について説明し、日米韓の強固な連携を維持したい考え。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る