PR
PR

陸上男子200で小樽出身の小池が金メダル アジア大会

 【ジャカルタ大矢太作】ジャカルタ・アジア大会第12日の29日、陸上男子200メートルで、小樽市出身の小池祐貴(23)=ANA、立命館慶祥高出=が20秒23で勝ち、日本勢として2006年ドーハ大会の末続慎吾以来12年ぶりとなる金メダルを獲得した。

 小池は28日の準決勝で20秒35の全体トップで通過し、決勝は2位に着差ありの同タイムで競り勝った。

残り:63文字/全文:236文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る