PR
PR

ネット銀行のお金はどうやって引き出す? 仕組みを解説

 ネット銀行に興味はあっても、まだ口座を持っていない人もいるだろう。「今さら使い方を聞けない」「そもそも仕組みからよくわからない」と密かに思っている人もいるのではないだろうか。そこで今回は、ネット銀行を使っていない人に向けて、入金・出金の方法など仕組みについてお伝えしよう。

ネット銀行で“つなぎ融資”を受けるには? 仕組みと注意ポイント

■ネット銀行で出金や入金を行うには?

 ネット銀行は店舗型の銀行のような窓口はなく、基本的にはネット上で利用する。「ネットにお金を預けることはできるの?」「お金を引き出すときはどうするの?」などと疑問に思うかもしれない。

 入出金をするには、提携している銀行のATMやコンビニのATMを使う。ただし、ネット銀行によって利用できるATMは異なり、入金や出金の際に手数料がかかることがある。また、月に4回までは無料といったように、無料で利用できる回数に上限が設けられている銀行もある。

 便利やお得という点にひかれてネット銀行を利用したのに、入出金の際に数百円の手数料がかかってしまってはもったいない。ネット銀行の口座を開設する際には、提携している銀行のATMやコンビニのATMはどこにあるのか、それらは自分が利用しやすい場所にあるか、また手数料がかかるのかどうか、などをしっかりと確認しておきたい。

 なお、ネット銀行では店舗型の銀行に比べてATMでの出金限度額が低く設定されているケースが多い(10万円など)。それよりも多く引き出したいときは、事前にサイトのマイページで設定を変えることで限度額を引き上げられる。ただし、セキュリティ面を考え、出金限度額を一時的に引き上げた場合は、なるべく早く元の設定に戻しておくほうが安心だろう。

■通帳が発行されない? 明細はどこで見る?

 ネット銀行では、基本的に店舗型の銀行のような紙の通帳が発行されない。「通帳がなければ入金や出金について詳細がわからないのでは?」「残高しか把握できないのだろうか?」といった不安を持つ人もいるだろう。

 ネット銀行では、入出金の明細はネット上で簡単に見ることができる(Web明細などと呼ばれる)。ネット銀行のサイトでは、口座番号とは別にログインIDが発行され、パスワードを設定するケースが多い。そして口座にログインをすると、「マイページ」と呼ばれる自分のページに入ることができ、「入出金情報」などの項目から明細を確認できる。紙の通帳と同じようなレイアウトで、それほど違和感なく見られるはずだ。ただし、「Web明細を確認できるのは15ヶ月前まで」など、期限が定められていることもある。数年前の入出金情報が見られなくなることもあるため、必要ならファイルをダウンロードして保存しておくほうがよいだろう。

■ほかの銀行に振り込みをするときは?

 ネット銀行の口座から他の銀行にお金を振り込みたいときも、ネット上で操作することになる。ネット銀行のサイトから先ほどのログインIDとパスワードによってマイページに入り、「振り込み」というボタンから行うのだ。

 振り込む際には、相手の銀行名と支店名を入力し(検索して候補から選ぶケースもある)、口座番号と名義を入力、振り込みたい金額を入力する。この後、振り込むためにパスワードの入力が必要な場合もある。さらにセキュリティを厳重にするため、「乱数表」という数字が並んだ自分専用のカードを見ながら指定された場所の番号を入力したり、キャッシュカードの裏面にある番号から指定された数字を入力したり、一時的なパスワード(ワンタイムパスワードなどと呼ばれる)が表示される小さな機器(トークンという)の数字を見ながら入力したりといった操作が必要なケースもある。

 これらは少々手間だと感じるかもしれないが、不正に振り込みされることを防ぐための必要な手順だと考えよう。また、振込手数料は一定回数までは無料の銀行もあるが、料金がかかる場合も多いため、事前に金額を確認しておこう。

■パスワードを忘れてしまったら?

 ネット銀行でやりとりをする際、パスワードを入力する場面が非常に多い。それゆえに「もし、パスワードを忘れてしまったらどうしよう」という不安があるかもしれない。その際はログイン画面の「パスワードを忘れた場合は」などのボタンをクリックして手順に従うと、パスワードの再設定手続きができる。操作方法が分からなければ「よくある質問」などのページで確認するほか、カスタマーセンターに電話で相談することもできる。

 以上、ネット銀行を始めてみたいと思った際に、「お金の出し入れの方法は?」「明細はどうやって確認する?」「ほかの銀行に振り込む方法は?」などといった、基本的な手続きについて紹介した。疑問点があれば、「よくある質問」ページから調べたり、カスタマーセンターに電話で確認したりして、操作を間違えないように注意しよう。

(ライター:西山美紀)
ファイナンシャルプランナー。2児の母。これまでに1万件以上のマネーデータを分析し、500人以上にマネーの取材を行うほか、女性の生き方などをテーマに取材・執筆・記事監修なども行っている。著書に『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)。

ネット銀行で“つなぎ融資”を受けるには? 仕組みと注意ポイント
お金のプロが教える“お金の増やし方” 貯蓄が増える3通りの方法
【ランキング】実際の利用者が選ぶ満足度の高い「ネット銀行」No.1は…
まずは貯めることから ネット銀行の“定期預金”で資産形成
初心者でも心配なし 利用のしやすさで選ばれた【ネット銀行】は…

oricon news

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る