PR
PR

枝野氏、辺野古移設に反対を表明 「沖縄の分断生む建設は無理」

 立憲民主党の枝野幸男代表は29日、那覇市で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、事実上反対する意向を表明した。「辺野古に新たな基地を建設しない解決策に向け、米政府と再交渉すべきだ。沖縄の分断と対立を生む建設を強行し続けることは、あまりにも無理がある」と述べた。

 結論を得るまで、建設工事の無期限停止を求めていく考えも示した。

 立民は党の基本政策で、辺野古移設に関し「再検証し、県民の理解を得られる道をゼロベースで見直す」として賛否を明らかにしていなかった。

 枝野氏は、基地問題に苦しむ沖縄の状況に鑑み、見解表明に至ったとした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る