PR
PR

財政健全化など、首相に政策提言 総裁選で岸田派

[PR]

 自民党総裁選への立候補を表明した安倍晋三首相(総裁)は29日、首相官邸で党内第4派閥の岸田派(48人)から政策提言を受け取った。提言は、アベノミクスの継続によるデフレ脱却や2020年代前半までの財政健全化に全力を挙げることなどを明記。首相は「しっかりと受け止め、実行していきたい」と応じた。

 同派の望月義夫事務総長らが官邸を訪れ手渡した。提言ではこのほか、来年10月の消費税率引き上げの確実な実施や「謙虚で丁寧な政治」の推進を求めた。首相が意欲を見せる憲法改正には触れず、「平和憲法・日米同盟・自衛隊を3本柱に世界と日本の平和を創る積極的・多元的外交を推進する」と訴えるにとどめた。(則定隆史)

全文:298文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る