PR
PR

車両不具合で特急1本運休 JR室蘭線登別駅

 【登別、室蘭】29日午前9時50分ごろ、登別市のJR室蘭線登別駅で、停車中の札幌発函館行き特急スーパー北斗6号(8両編成、乗客約270人)の発電用エンジンの異常を示す表示が出た。表示が消えたため運転を再開したが、再び点灯し室蘭市の東室蘭駅で停車。この列車は東室蘭―函館間で部分運休した。

 JR北海道によると、乗客は後続の特急列車に乗り換えた。JRが不具合の原因を調べている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る