PR
PR

序盤の駆け引き続く 王位戦第5局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑戦している第59期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第5局が29日午前9時、徳島市の料亭・渭水苑(いすいえん)で始まった。第4局を豊島が制し、対戦成績を2勝2敗のタイに戻しての一戦。初防衛を目指す菅井と、2冠を狙う豊島。どちらが王手をかけるか注目される。

 定刻になり、立会人の藤井猛九段が開始の合図を告げると、先手番の菅井が5六歩と指し、2日間にわたる熱戦の幕が開いた。

 振り飛車対居飛車の対抗形が続く今シリーズ。菅井が飛車を8筋から7筋に振り直したのに対し、豊島は3四歩(22手目)と角道を開けて角交換を打診。菅井は穏やかに6六歩(23手目)と角道を止め、序盤の駆け引きが続いている。

 藤井九段は「先手が3八銀と囲えば持久戦模様。穴熊を目指せば急戦の可能性も」と話した。

 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の30日は午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る