PR
PR

品川新駅、大屋根骨組みほぼ完成 山手線30番目の駅

 JR東日本は29日、東京都港区で山手線と京浜東北線の品川―田町間に建設している新駅の工事現場を報道公開した。工事は現在、進捗率が約7割に達し、折り紙から発想し、複雑にくびれた形になっているトレードマークの白い大屋根や建物の骨組みがほぼ完成した。今後、内装工事に着手するという。 

 新駅は山手線で30番目の駅で、車両基地跡の再開発で設置が決まった。2020年東京五輪・パラリンピックの開催直前の同年春に暫定開業し、本格開業は24年の見通しだ。新国立競技場も担当した建築家隈研吾氏がデザインを担当した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る