PR
PR

栗山駅前カフェ 開業へ寄付609万円 目標の倍、メッセージも多数

 【栗山】地域おこし協力隊員が駅前通り商店街で11月の開店を目指す「カフェ&バー」の開業資金として、7月6日から募っていたふるさと納税制度の寄付金が目標の倍の約609万円も集まった。寄付金とともに道内外から応援メッセージも数多く寄せられ、隊員たちは手応えを感じている。

 ふるさと納税制度を紹介するウェブサイト「ふるさとチョイス」のクラウドファンディングで8月26日まで公募した。期間中、町の広報誌や地域おこし協力隊の会員制交流サイト(SNS)などで周知してきた。

 7月21、22日に東京都内で夕張市と合同で行ったふるさと納税のPRイベントでもカフェ&バーの取り組みを紹介し、来場者から計17万5千円の寄付があった。同月24日に目標の300万円を超え、その後も順調に金額を伸ばした。

残り:267文字/全文:607文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る