PR
PR

室蘭線沼ノ端―岩見沢、存続へ動き本格化 沿線自治体が協議会

 JR北海道が「単独では維持困難」とする室蘭線沼ノ端―岩見沢間について、沿線自治体による協議会の設置方針を28日決めた東胆振1市4町の首長の懇談会は、今後、南空知の沿線自治体と検討を重ね、道も加え協議会を設置する想定だ。JRに対する国の支援策が明らかになる中、地元でも路線存続に向けた動きが本格化しそうだ。

 同区間を巡っては、5月に岩見沢市で高橋はるみ知事、JR幹部と沿線自治体の首長の意見交換会が開かれ、岩倉博文市長と及川秀一郎・安平町長が参加したことが、今回の協議会設立に向けた動きにつながった。協議会では利用促進策や路線の維持存続について議論していく方針だ。

残り:458文字/全文:740文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る