PR
PR

相撲協会元顧問の請求を棄却 解雇巡る地位確認訴訟

 日本相撲協会の元顧問、小林慶彦氏が解雇無効を主張し、協会に地位確認を求めた訴訟の判決で東京地裁(阿部雅彦裁判長)は28日、請求を棄却した。

 判決などによると、小林氏は相撲協会の北の湖前理事長(元横綱)が死去する直前の2015年11月15日に開催された理事会の承認を得て雇用されたと主張。解雇後の賃金の支払いも求めていた。協会側は雇用の事実はないと反論。小林氏が北の湖前理事長の死去後、協会に姿を見せなくなったため、契約を解除したとしていた。

 阿部裁判長は、北の湖前理事長が雇用の意思を明示したとの事実は認められないと指摘した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る