PR
PR

【道スポ】大田 逆転Vへ強振 28日からオリックス戦

 強打の2番が、大逆転Vを先導する―。日本ハムの大田泰示外野手(28)が27日、28日から始まるオリックス戦へ向け空路宮崎へ移動した。左手骨折で長期離脱を余儀なくされたが、25日に1軍へカムバック。復帰戦から2試合連続安打を放つなど、存在感が際立っている。28日の舞台は、巨人時代に春季キャンプを過ごしたサンマリンスタジアム。北の大地で進化した姿を、思い出の地で披露する。

 帰ってきたスラッガーが、逆襲のキーマンになる。左手骨折から復帰した大田は、25日の復帰戦から2試合で6打数3安打。離脱前と同じ2番打者として起用され、打線をけん引している。

 「深く考えずに自分のプレースタイルをしっかりやりたい。それでチームが活気づいて、勝ちにつなげていければいい」

 西武、ソフトバンクとの上位対決で大きく負け越したチームだったが、前カードの楽天3連戦では2勝1分け。自力優勝の可能性も復活し、V戦線に踏みとどまった。

 大田を筆頭に石川直や清宮ら、一時的に1軍から離れた選手が続々と戦列復帰。チームは息を吹き返した。V奪還へ欠かせぬピースが埋まった今、ラストスパートを仕掛ける体制は整いつつある。

 「いろんな状況、順位とかあるけど、一番大事なのは、目の前のプレーを一生懸命やること。みんな切り替えもできていると思うし、最終的に優勝を勝ち取れればいい。自分自身も気持ちを入れていきたい」

残り:476文字/全文:1063文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る