PR
PR

プーチン氏、短い夏休みを楽しむ 今年も国防相と一緒

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は25、26日の両日、南部トゥワ共和国の山林を散策し、美しい自然の中で短い夏休みを楽しんだ。ペスコフ大統領報道官が27日、明らかにした。

 プーチン氏は西シベリア・ケメロボ訪問前に、週末を利用してトゥワの自然保護区を訪れた。昨年もトゥワで夏休みを過ごしており、昨年同様に地元出身のショイグ国防相が同行した。ボルトニコフ連邦保安局(FSB)長官も参加した。

 昨夏は上半身裸のプーチン氏の“マッチョ”な写真が公表されて話題となったが、大統領府が今年公表した写真は、帽子にジャケット姿などおとなしめだった。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る