PR
PR

小平の味、修学旅行でPR 札幌で小平中生が販売体験

 【小平】小平中(明田豊校長)の3年生27人が25日、修学旅行先の札幌で地元の特産品を販売する体験学習を行い、タコのスライスやニシンの薫製、ミニトマトなど「小平の味」を懸命に売り込んだ。

 生徒たちは前日に宿泊した後志管内留寿都村のホテルで接客の研修を受けた。25日は午前10時すぎに札幌市中央区の商業施設、大通ビッセの地下通路に店開き。模擬会社の「小平中商事株式会社」をつくって出品を募った小平の特産品約30種類を海産物と農産物に分けて並べ、市民や観光客らに「小平のタコ、おいしいですよ」などと声をかけた。

残り:235文字/全文:488文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る