PR
PR

大相撲、大露羅が最重量を更新 4キロ増の292・6キロ

 大相撲の現役力士の健康診断が27日、東京・両国国技館で行われ、ロシア出身で序二段の35歳、大露羅(山響部屋)が自身の持つ最重量記録(日本相撲協会に残る資料による)を更新する体重292・6キロを計測した。元大関小錦を抜いてトップに立った1年前より、約4キロ増加した。

 2000年春場所の新弟子検査合格時の190キロから100キロ以上増えているが「もっといっていると思った」と気にするそぶりはない。「何でも一番を取れと言われてきた。永遠に名前が残ればいい」と話した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る