PR
PR

山県10秒00で銅メダル 十種・右代が連覇 アジア大会

 男子100メートル決勝で山県亮太(セイコー)は日本歴代2位の自己ベストに並ぶ10秒00で銅メダルだった。蘇炳添(中国)が9秒92の大会新記録で制した。山県は準決勝は3組を10秒10の1着で突破。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒36の準決勝2組3着で敗退した。

 男子十種競技では右代啓祐(国士舘ク、札第一高出)が7878点で、この種目の日本勢で初めて2連覇を達成した。中村明彦(スズキ浜松AC)は銅メダル。同走り幅跳び決勝の橋岡優輝(日大)は8メートル05で4位、城山正太郎(ゼンリン)は5位だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る