PR
PR

北朝鮮、拘束邦人追放と報道 日朝対話にらみ配慮か

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は26日夜、最近訪朝した日本人観光客スギモト・トモユキ氏が北朝鮮の法に違反する罪を犯し、関係機関に摘発され調査を受けたが、国外追放を決めたと報じた。「人道主義の原則に基づき寛大に容赦した」としている。「犯罪」の具体的内容については言及していない。日本政府が確認を急いでいる。

 今月上旬、西部の港湾都市・南浦で拘束された男性とみられる。日本政府は北京の大使館ルートを通じて解放を求めていた。北朝鮮が早期解放に応じたのは、日朝関係が膠着状態にある中、配慮を示すことで日本政府との対話再開の余地を残す狙いもあるとみられる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る