PR
PR

荒天でお怒り? 閻魔大王ド迫力 地獄まつり最終日

 【登別温泉】登別市の登別温泉街で26日夜、第55回登別地獄まつり(市など主催)の目玉行事「エンマ大王からくり山車」が行われた。普段はお堂に祭られている高さ6メートルの閻魔(えんま)大王が温泉街に繰り出し、大勢の観光客を喜ばせた。

 まつりは登別温泉開湯160年を記念して24日に開幕したが、24、25の両日は悪天候のため一部イベントを中止し、からくり山車も25日の実施を見合わせた。

 最終日の26日も雨に見舞われたものの、温泉街には地元客のほか、道外、海外の観光客の姿も。山車に載せられた閻魔大王が怒りの形相を見せるたび、子どもたちの泣き声が響いた。

残り:124文字/全文:399文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る