PR
PR

陸自、離島奪回の総合火力演習 「水陸機動団」も参加、静岡

 陸上自衛隊による国内最大規模の実弾射撃演習「富士総合火力演習」が26日、静岡県の東富士演習場で一般公開され、敵に占領された離島を奪回する想定で、陸海空3自衛隊が統合作戦を展開した。

 演習には今年3月に長崎県佐世保市の相浦駐屯地に新設された離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の隊員を含む約2400人が参加。水陸機動団の水陸両用車と、各種事態に速やかに対処する「即応機動連隊」が保有する機動戦闘車の射撃がそれぞれ初めて披露された。

 海自の哨戒機が情報収集し、空自の戦闘機が上陸した敵の部隊を攻撃。陸自が戦車や火砲などで射撃し、島を奪回するまでの流れを確認した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る