PR
PR

首相、総裁選で地方行脚 26日鹿児島で立候補表明

 安倍晋三首相(自民党総裁)は26日、総裁選(9月7日告示、同20日投開票)への立候補を鹿児島県で表明する。これに先立ち25日に宮崎県を訪問し、党員・党友票獲得に向けた地方行脚を始動した。既に出馬意向を明らかにしている石破茂元幹事長はインターネット番組に出演し、支持を訴えた。総裁選は首相の出馬表明により、2012年以来6年ぶりの選挙戦が本格化する。

 連続3選を目指す首相は宮崎市で開かれた懇親会に参加し、党所属地方議員らを前に「観光を地方創生の起爆剤にしていきたい」と力説。農林水産業について「守るだけでなく、攻めていかなければならない」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る