PR
PR

男子マラソンの井上優勝、アジア大会 五輪実施の空手は金3

 ジャカルタ・アジア大会第8日(25日)陸上の最初の種目、男子マラソンで井上大仁がゴール前の競り合いを制し、1986年ソウル大会の中山竹通以来の日本勢優勝を果たした。

 2020年東京五輪で実施される空手は金メダル三つを獲得した。形の女子で清水希容が2連覇し、男子の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)は日本勢で3大会ぶりの頂点に立った。女子組手68キロ超級は植草歩が初優勝した。

 自転車男子BMXの長迫吉拓がこの種目の日本選手で初優勝した。

 陸上男子100メートル予選に日本選手団主将の山県亮太とケンブリッジ飛鳥が登場。

 サッカー女子の日本は準々決勝で北朝鮮と対戦した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る