PR
PR

体重200キロ超す成獣か 白老の住宅地にクマ足跡 町「生ごみ 外に置かないで」

 【白老】町北吉原の住宅街の畑でクマの足跡が見つかった24日、町などの関係者は注意喚起など対応に追われた。

 町生活環境課によると、クマの足跡は町北吉原の住宅の畑で発見。縦14センチ、横17センチで体重200~300キロ、体長150~160センチの成獣のものとみられる。

 通報を受け、町は猟友会苫小牧支部白老部会、苫小牧署と共に現地を確認。付近の全10町内会にはクマ出没の情報を文書で伝えた。午後1時には、防災無線でクマの出没を伝え、全町に注意を呼び掛けた。

残り:207文字/全文:435文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る