PR
PR

オスプレイ離着陸は8~22時 帯広拠点訓練 道防衛局、市に説明

[PR]

 【帯広】帯広市は24日、道内での日米共同訓練に参加する米軍輸送機「オスプレイ」が9月10~29日に、補給拠点となる帯広駐屯地(帯広)の十勝飛行場で基本的に毎日午前8時~午後10時に離着陸を行うと、北海道防衛局から説明を受けたことを明らかにした。

 市議会総務委員会で防衛局から受けた説明の概要を報告した。報告によると、十勝飛行場で火器などによる訓練は実施せず、離着陸時の飛行経路は、現在の陸上自衛隊の運用を踏襲すると説明を受けたという。

残り:165文字/全文:383文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る