PR
PR

新幹線トンネルで風圧体感研修 JR西、最高時速300キロ

 JR西日本が山陽新幹線のトンネル内で、車両検査の社員に最高時速300キロの高速走行を至近距離で体感させる研修を行っていることが24日、JR西への取材で分かった。

 2015年8月に福岡県内のトンネルを走行中の新幹線で車両カバーが脱落、乗客が負傷した事故を受けた研修で、車両保守の職責の重要性を再認識させるのが目的という。労働組合や労務管理の専門家からは「恐怖感を与え、行き過ぎた研修」と批判する声も上がっている。

 JR西によると「時速300キロ近接体感研修」と呼ばれ、16年から実施。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る