PR
PR

『RIZIN.13』で那須川天心VS堀口恭司が実現 キックボクシングルールで完全決着誓う

 9月30日にさいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.13』の対戦カードが24日、都内で発表された。目玉カードとして、RISE世界フェザー級王者の那須川天心選手とRIZINバンタム級トーナメント王者の堀口恭司選手が「RIZINキックボクシングルール」(3分3R)で対戦することが明らかになると、会場から大きな歓声が上がった。

【写真】那須川天心&堀口恭司の対戦に期待を寄せた高田延彦

 堀口選手は「このカードが発表されて、一番自分がワクワクしています。自分的には那須川天心くんとだったら、すごくおもしろい試合ができると思うので、完全決着的なルールがいいなと思っています」と気合十分。試合時間や具体的なルールについては、これから決まっていくことになるが「勝敗はひとつのミスをしたら負けると思うので、そこを見ていてほしいなと思います」と呼びかけた。

 一方の那須川選手も「世界の格闘技が注目するカードだと思います。(堀口選手は)ずっと尊敬していて、いつかやりたいなと思っていました。必ずKOして日本の格闘技どんどん盛り上げるので、よろしくお願いいたします」と意気込み。堀口選手から試合時間の提案をされたことを受け「15分の試合も自分的にはいいんじゃないかなと思います」と応じるなど、早くも火花を散らした。

 RIZIN統括本部長の高田延彦は「奇しくも選手の思いから生まれたこのビッグカード、戦いの神様に感謝、勇気ある両選手にファンの思いも込めて、感謝の思いを伝えたい。乾坤一擲、背水の陣で臨みます」とコメント。実行委員長の榊原信行氏は「立ち技の異種格闘技、堀口恭司はMMAの選手、那須川天心はキックボクシングの選手として戦う、立ち技の世界頂上対決ということだと思います」と期待を寄せていた。

■『RIZIN.13』対戦カード
ダロン・クルックシャンクVSディエゴ・ブランダオン(RIZIN MMAルール 5分3R)
イリー・プロハースカVSジェイク・ヒューン(RIZIN MMAルール 1R10分、2R5分)
アンディ・ウィンVS山本美憂(RIZIN女子MMAルール 5分3R)
中村優作VSマネル・ケイプ(RIZIN MMAルール 5分3R)
朝倉未来VSカルシャガ・ダウトベック(RIZIN MMAルール 5分3R)
朝倉海VSトップノイ・タイガームエタイ(RIZIN MMAルール 5分3R)
砂辺光久VS越智晴雄(RIZIN MMAルール 5分3R)
浜崎朱加VS黒部三奈(RIZIN 女子MMAルール 5分3R)
ミルコ・クロコップVSロッキー・マルティネス(RIZIN MMAルール 1R10分、2R5分)
大雅VS原口健飛(RIZINキックボクシングルール 3分3R)
那須川天心VS堀口恭司(RIZINキックボクシングルール 3分3R)

高田×ヒクソン、20年目の真実 書籍で初の両者インタビューが実現
あの激闘から20年…高田延彦、NHK番組で伝説のヒクソン戦を語る
内田理央、舞台でプロレスに挑戦「そんなに自分を守る姿勢はないんです」
野沢直子、RIZIN初戦快勝の娘・真珠の稼ぎに期待「私は目立たなくても…」
野沢直子の長女・真珠オークライヤー、7・30RIZINで日本デビュー決定

oricon news

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る