PR
PR

ポロコ創刊者不正流用 札幌地裁5千万円賠償命令

[PR]

 道内の飲食店情報などを扱う月刊情報誌「ポロコ」の創刊者で、発行元のえんれいしゃ(札幌)の元専務取締役の60代男性が、交際費名目で約5千万円を私的流用したとして、同社から損害賠償請求訴訟を起こされ、札幌地裁が男性に全額の支払いを命じる判決を言い渡していたことが分かった。

 判決は21日付。判決によると、男性は1997年に札幌で出版社コスモメディアを設立し、社長としてポロコなどの情報誌を創刊。コスモ社は経営難などで2015年10月、えんれいしゃに吸収合併され、男性は専務取締役に就任後、16年6月に辞任した。男性は09年4月から16年5月にかけ、「飲食代」名目の領収書を交際費としてコスモ社とえんれいしゃに1132回請求し、両社から計5千万3410円を受け取った。

残り:224文字/全文:556文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る