PR
PR

上興部小近くにクマ 西興部

[PR]

 【西興部】23日午前10時45分ごろ、村上興部の上興部小裏の100メートル離れた草地にクマ1頭がいるのを、敷地内で草刈りしていた同小の職員が目撃した。すぐにクマは山林に入ったが、その後、職員は山の斜面で連れ添う2頭のクマを再び見つけ、興部署に通報した。当時、児童は校舎内にいて無事だった。

 興部署によると、2頭のクマはそれぞれ体長約1メートル。同小は午後の授業終了後、全校児童20人を教師引率で集団下校させた。また、村の全675世帯に注意を呼びかけるとともに、同署と連携して警戒に当たっている。

 同小付近では、7月10日にも親子とみられるクマ4頭が目撃されており、村が同校近くに箱わなを設置。22日には、わなで約1・8メートルの雌グマを捕獲し、駆除している。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る