PR
PR

秋の高校野球札幌支部組み合わせ決まる

 来春の選抜高校野球大会につながる第71回秋季北海道高校野球大会(道高野連など主催)の札幌支部予選の抽選会が23日、札幌市豊平区の北海道科学大学高校で行われ、組み合わせが決まった。57校がA~Fの6ブロックに分かれ、札幌円山、札幌麻生、江別野幌総合運動公園の3球場で戦う。大会は9月3日に開幕する。

 今夏の南北海道大会で札幌支部代表9校で唯一4強入りした札日大高は昨夏の甲子園に出場した北海と同じDブロック、今春の全道大会で優勝した札第一はFブロックに入った。10日に各ブロックの代表6校が出そろう予定で、9月30日から札幌円山と札幌麻生の両球場で開かれる全道大会に出場する。

 抽選会では開会式も行われ、道科学大高の杉木優斗主将(2年)が「一球一球気持ちを込めて全力でプレーします」と宣誓した。(石川実和)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る