PR
PR

全国初、事実婚カップルも証明書 千葉市、LGBTに限定せず

 千葉市は23日、性的少数者(LGBT)や事実婚などのカップルにパートナーとしての証明書を交付する制度を来年4月から始めると発表した。市は対象をLGBTに限定しないパートナーシップ制度は全国初としている。9月1日からパブリックコメント(意見公募)を実施し、詳細を固める。

 市によると、証明書発行の条件は、2人とも配偶者がいない成人で、いずれかが市内在住か転入予定があることなど。互いをパートナーとして宣誓したカップルに交付する。

 熊谷俊人市長はこの日の記者会見で「その人らしく生きる基盤をつくる。家族、パートナーシップの在り方を考えるきっかけになれば」と述べた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る