PR
PR

柿木投手が出身地に甲子園V報告 佐賀県多久市、大阪桐蔭のエース

 第100回全国高校野球選手権大会で史上初の2度目の春夏連覇を果たした大阪桐蔭のエース右腕で、佐賀県多久市出身の柿木蓮投手が23日、横尾俊彦市長を表敬訪問し、優勝を報告した。

 金色のメダルを首にかけて同市役所に登場した柿木投手に、横尾市長は「大阪桐蔭は全国の精鋭が集う。エースナンバーを背負って続けていくのは大変なことだと思いました」と、ねぎらいの言葉を掛けた。柿木投手は「去年(3回戦で)負けてから、あそこ(甲子園球場のマウンド)で笑顔で終わることを目標にしていた。かなってうれしい」と振り返った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る