PR
PR

海自、NATOと合同演習 バルト海、護衛艦参加

 【ロンドン共同】北大西洋条約機構(NATO)は22日、バルト海を航行中の海上自衛隊の護衛艦などと21日に合同演習を実施したと発表した。NATOは「安全保障上の共通課題に対処するため、1990年代から培ってきた協力関係をさらに強化する」と強調した。

 日本は域外のパートナー国としてNATOとの連携を強め、7月に政府代表部を設置。海洋安全保障分野では昨年10月、ストルテンベルグNATO事務総長が海自横須賀基地(神奈川県横須賀市)を訪れ、護衛艦「てるづき」を視察している。

 バルト海ではロシア軍が近年、活動を活発化。NATOは、大規模演習をバルト海などで行う方針。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る