PR
PR

道立校いじめ報告書 道「再調査せず」

[PR]

 道教委が昨年4月に公表した「道立学校の部活動でいじめがあった」とした調査報告書について、道は22日、道教委の調査は適切だったとし、再調査は行わないと発表した。調査報告書では、いじめを受けた保護者らが申し立てた行為すべてがいじめと認められなかったため、保護者が再調査を求めていた。

 道教委の報告書によると、生徒はバレーボール部に所属。2015年以降に部員から練習中にトスを上げにくい場所に球を投げられるなどした。生徒は不登校になり、16年に学校に調査を申し立て、学校はいじめ防止対策推進法が定める重大事態として道に報告した。

残り:227文字/全文:489文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る