PR
PR

利尻町、ウニ種苗生産センターを一般公開 両陛下も視察

 【利尻】宗谷管内利尻町は、天皇皇后両陛下が視察したウニ種苗生産センター(沓形種富=くつがたたねとみ=町)の一般公開を始めた。エゾバフンウニやキタムラサキウニ、ナマコを間近で観察することができる。町は「島の漁業を学ぶ体験型観光の一翼を担う場所にしたい」と話す。

 本年度、既存の水槽(長さ10メートル、幅1・5メートル、高さ50センチ)1基を展示用に整備。小さな水槽とパネルも新たに設けた。ウニの誕生から漁獲までの流れや、エゾバフンウニとキタムラサキウニの違いなどを紹介している。エゾバフンウニは稚ウニから成体までのさまざまな成長過程も観察できる。10日から公開を始めた。

残り:307文字/全文:592文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る