PR
PR

道内オスプレイ運用 知事に中止申し入れ 連合北海道など

[PR]

 連合北海道、立憲民主党道連、国民民主党道連などは21日、道内で9月中旬に行われる見通しの日米共同訓練について、米軍輸送機オスプレイの運用を中止するよう、高橋はるみ知事宛に文書で申し入れた。

 文書では、オスプレイが過去に何度も事故を起こしていることを問題視。「昼夜を問わず時には低空で飛行し、騒音による酪農業への影響や環境破壊も著しく、日常生活に多大な被害をもたらす」と指摘した。

 道庁を訪れた連合北海道の杉山元(はじめ)事務局長らが道の橋本彰人危機管理監に文書を手渡し、「道民の安全と安心を守るため、道の主体的な対応をお願いしたい」と要請した。連合北海道は22日にも、在札幌米国総領事館に同様の申し入れを行う予定。(内藤景太)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る