PR
PR

シャクシャイン像、新旧並立へ 議論平行線で9月 新ひだか・真歌公園

 【新ひだか】日高管内新ひだか町静内真歌(まうた)の真歌公園内にあるアイヌ民族の英雄シャクシャイン像について、新しい像を造り替えるか補修するか意見が割れている問題で、関係者の調整がつかず、当面は新旧2体の像が園内に立つことになった。現在の像を寄贈された町は新像の設置後、早急に取り壊す方針だったが、アイヌ民族の有志団体が修繕などの意向を示しているため、対応を協議している。

 現像は設置から47年が経ち、老朽化で倒壊の恐れがある。像の前で毎年法要祭を営む新ひだかアイヌ協会と、現像を設置したアイヌ民族ら有志の任意団体シャクシャイン顕彰会が、像の在り方を長年協議してきたが、折り合わなかった。

残り:275文字/全文:569文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る