PR
PR

道内と沖縄の20社、観光と食で連携 9月プロジェクト発足

[PR]

 道内と沖縄の企業が協力し、観光や食分野などでビジネスチャンスの拡大を目指す組織「どさんこしまんちゅプロジェクト」が9月1日に発足する。活動の第1弾として、同月18日から道内のサツドラ約150店で沖縄フェアを行い、19日に札幌市内で記念フォーラムを開く。今後は、企業を結び付けるマッチングや、学生を対象に互いの地元企業の魅力を紹介する活動などを検討している。

 プロジェクトには、道内と沖縄の企業約20社が参加する。代表理事にはサツドラホールディングスの富山睦浩会長と沖縄ツーリストの東良和会長が就任。事務局を北海道新聞社などが務める。サツドラの沖縄フェアは10月17日までで、特産の菓子やアイスクリーム、ビール、化粧品など約50点を販売する。

残り:213文字/全文:534文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る