PR
PR

レジャー施設に直結のICを許可 三重県多気町、全国初

 国土交通省は21日、三重県多気町の複合レジャー施設の運営会社が、伊勢自動車道と施設を結ぶスマートインターチェンジ(IC)を建設することを10日付で許可したと発表した。高速道路と民間の商業施設などを直結する全国初のスマートIC。

 2020年に予定するレジャー施設のオープンに合わせて開通する見通しで、具体的な時期や名称などを今後詰める。

 スマートICは自動料金収受システム(ETC)専用で、伊勢道上り線の出口のみ設置。高速道路と施設をつなぐ道路を運営会社が整備し、自治体に無償譲渡する。料金所の整備と管理は中日本高速道路会社が行う。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る