PR
PR

大阪桐蔭が甲子園春夏連覇 史上初の2度目 金足農下す

 第100回全国高校野球選手権大会最終日は21日、甲子園球場で決勝が行われ、大阪桐蔭(北大阪)が東北勢初の優勝を狙った金足農(秋田)に13―2で大勝して4年ぶり5度目の優勝を果たし、史上初となる2度目の春夏連覇を達成した。

 大阪桐蔭は一回に石川の2点二塁打などで3点を先制。四回は宮崎の3点本塁打、五回には根尾の2点本塁打などで6点を加えた。柿木は5安打で完投した。西谷監督は春夏の甲子園大会で単独最多となる通算7度目の優勝を飾った。

 秋田県勢では103年ぶりの決勝に臨んだ金足農は、準決勝までの5試合に完投していた吉田が5回12失点で降板した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る