PR
PR

後半の交代策 効果絶大

[PR]

▽第23節 札幌 3―2 FC東京 (19日、札幌ドーム)

 札幌はW杯中断明けに1勝3分け2敗と波に乗りきれず、前節まで勝ち点32でリーグ6位。FC東京に敗れると暫定ではあるが、かなり順位が下がる可能性があったので、多くのサポーターは見事な逆転勝利に胸をなで下ろしたのではないだろうか。

 前からボールを取りにいくため、2点を追う後半から少し守備のフォーメーションをいじったペトロビッチ監督。さらに、駒井をボランチに移し、白井を右サイドに入れた。

 この交代はこれまでも何度かあったが、この日の効果は絶大であった。相手のセンターバックとボランチにプレッシャーがかかり、こぼれ球が拾えるようになったのだ。

 そして、攻撃参加が可能となった福森が入れたクロスを、都倉が体を倒しながら頭で泥臭く押し込み、後半8分に反撃の1点目。後半の早い時間帯で入ったのも大きかった。

 白井の同点ゴールも都倉の働きから生まれた。相手DFの嫌なところを突いた都倉のパスを相手がクリアしきれず、ボールは白井のところにこぼれてきた。これを白井が思い切りよくシュート。ゴールネットを揺らし、待望のJ1初得点となった。

 白井はJ2愛媛から今季、札幌に移籍してきた期待のドリブラー。リーグ戦は第16節の川崎戦から出場するようになり、この日が5試合目。ようやくこれで肩の荷が下り、もう一段上の鋭いプレーが出せるのでは。攻勢の時に早くドリブルでDFに仕掛けること。そうすればカバーリングが間に合わず、白井のスピードならラインを突破できるはず。菅のポジションをもっと脅かしてほしい。

 圧巻だったのはチャナティップの決勝ゴールだ。ペナルティーエリア手前から放ったミドルシュートはポストに当たりながらもゴールネットを揺らした。タイミングを逃さず放ったシュートにチャナティップの積極性、好調さが表れていた。(平川弘=サッカー解説者、元日本代表)

FC東京戦
選手名 出場 評価 ひとこと
GK
具聖潤 いいキックのパスあり
DF
進藤亮佑 危険なミスパス
金眠泰 再びCKのマーク離す
福森晃斗 自陣で致命的ミス
MF
駒井善成 ボランチで活性化
荒野拓馬 くせ者ぶり発揮できず
白井康介 やっと結果出す
深井一希 よく我慢
稲本潤一 採点不可
菅大輝 裏取られる
早坂良太 裏走る
都倉賢 2点目も起点パス
チャナティップ 打つべき時に打った
FW
ジェイ ターンだよ
※出場は◎フル出場▽先発途中交代▲途中出場
 評価はA大変良いB良いC普通D悪い、―は採点不可

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る