PR
PR

旭川市長選に今津寛介氏出馬意向 今津前衆院議員の次男

[PR]

 【旭川】旭川市在住の団体職員今津寛介(ひろすけ)氏(41)が20日、任期満了に伴う旭川市長選(11月4日告示、同11日投開票)に立候補する意向を固めた。同日、旭川市内で開かれた自民党旭川支部の市長選候補者選考委員会で伝えた。近く記者会見を開き、正式表明する。

 今津氏は、前衆院議員で同党道6区支部相談役の今津寛氏(71)の次男。旭川市出身で中央大経済学部卒業後、衆院議員秘書などを務めた。北海道新聞の取材に「市民目線のまちづくりをし、夢と希望のある旭川をつくる」と意欲を述べた。

残り:113文字/全文:353文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る