PR
PR

クマかスイカ無残 美唄の畑、収穫直前

 【美唄】20日午前6時ごろ、市内カーウシュナイ、農場経営松下宣二さん(75)の畑でスイカ約20個が食い荒らされているのを、松下さんが見つけ、美唄署に通報した。畑にクマとみられる大小2頭分の足跡が残されており、同署は付近の住民に注意を呼びかけている。

 同署によると、松下さんが最後に畑を確認した19日午後6時から20日午前6時の間に出没したとみられる。農場関係者によると、過去にも同じ畑にクマが出没していた。スイカは自宅で食べるために栽培し、この日に収穫する予定だった。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る