PR
PR

総務相、五輪・パラ宝くじPR 車いすラグビー池崎選手と会談

 東京五輪・パラリンピックの開催経費などに充てられる「東京2020大会協賛くじ」をPRするため、野田聖子総務相と車いすラグビーの世界選手権で初優勝を果たした日本代表の池崎大輔選手が20日、総務省で会談した。くじは22日から9月11日まで発売される。

 野田氏は、くじの収益が開催費用のほか、公共施設のバリアフリー化などにも充てられることをアピール。池崎選手は「東京で金メダルを取るための環境を支えてくれている。(購入者には)スポーツの力で恩返ししたい」と語った。

 総務省によると、くじは80億円分を発売し、当せん金などを差し引いた収益は約32億円を見込んでいる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る