PR
PR

八雲の開拓史、舞台化 青年会議所26日無料上演 「親子で歴史対話を」

 【八雲】八雲青年会議所(岩村康平理事長)は26日、八雲の開拓史をテーマにした演劇「八雲ふるさと物語 僕とヤクモンの大冒険!」を八雲町民センター(出雲町)で無料上演する。主人公の少年が時空を超え、旧尾張藩士による八雲入植や、基幹産業である酪農の歴史をたどるファンタジー。小学生向けだが、同会議所は「大人でも知らない史実があるはず。家族で来場を」と呼び掛けている。

 同会議所の創立45周年事業で、函館で活動する劇団・芝居組「虎」が脚本と演出を手掛け、自ら演じる。

 同会議所と劇団のメンバーが、八雲町史などの文献を頼りに構想を練った。脚本は、町郷土資料館のアドバイスを受けたほか、八雲を開拓した尾張徳川家の当主・徳川慶勝が登場することから、同家に内容確認をしてもらうなど入念に準備して完成させた。

残り:327文字/全文:673文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る