PR
PR

「道庁に入って未来開こう」と知事 合格者・保護者にPR

 道は20日、今春の道職員採用試験(大卒程度の事務職)の合格者と、その保護者向けの説明会をそれぞれ、札幌市中央区のかでる2・7で開いた。道職員採用では内定辞退率が2年連続で6割を超えており、事態を改善しようと、合格者向け説明会には高橋はるみ知事が初出席。道庁の仕事のやりがいをPRした。

 今春の採用試験は、道が地方勤務の不安解消などに努めたこともあり2005年以来最多の1709人が受験。357人が合格し、説明会には182人が出席した。高橋知事は「北海道のために働きたいという思いを、政策という形で具体化できる仕事だ。共に北海道の未来を切り開こう」と呼びかけた。

残り:95文字/全文:376文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る