PR
PR

宮内庁、高御座の解体作業を公開 京都御所で、9月に東京へ

 宮内庁は20日、新天皇の即位を国内外に示す来年10月22日の「即位礼正殿の儀」で、新天皇が使う玉座「高御座」について、現在保管されている京都御所・紫宸殿で、東京都内への搬送に備えた解体作業を報道陣に公開した。今年9月中の搬送を予定。儀式は皇居・宮殿で催す。

 同庁幹部によると、陸路で皇居内の施設に移し、修理する。

 宮内庁によると、高御座は黒漆塗りの方形の壇の上に、大小の鳳凰や鏡などで飾った八角形の屋形が据え付けられている。全高約6・5メートルで、重さは約8トン。紫宸殿で共に保管され、儀式で新皇后が立つ「御帳台」は、高御座とほぼ同様の造りで一回り小さい。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る