PR
PR

五輪、福島でソフト3試合可能 世界連盟会長が明らかに

 【ジャカルタ共同】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のフラッカリ会長は19日、2020年東京五輪のソフトボールで、日本の開幕戦1試合が予定されている福島県営あづま球場(福島市)では3試合の実施が可能との考えを明らかにした。出場する全6チームが福島で試合をすることで、移動を含めた公平性を保てるとした。一方、選手団の宿泊施設の確保を課題に挙げた。

 現時点の五輪競技日程では開会式2日前の7月22日にソフトボール、同29日に野球の日本戦1試合ずつを行う。試合時間が長い野球は1試合が妥当との見方を示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る