PR
PR

ランと自転車 100キロ走破 美幌でデュアスロン大会

 【美幌】ランニングと自転車(バイク)の総合タイムを競う「第32回ビホロ100キロデュアスロン大会」(実行委、北海道新聞社など主催)が19日、オホーツク管内美幌町で行われた。男子は北大大学院生の石田考(こう)さん(24)=札幌市=が3時間20分55秒で3連覇を達成。女子は2014年ソチ冬季五輪スピードスケート女子代表で美幌町教委職員の藤村祥子さん(31)が3時間50分34秒で2年連続3度目の優勝を果たした。

 町内の柏ケ丘陸上競技場を発着地点とし、道内外の男女267人が力走した。メインの1部では、各選手が第1ラン10キロ、自転車80キロ、第2ラン10キロの計100キロを走り、沿道から住民の声援を受けた。

 スタート時の気温は13・6度で、レース後半は20度以上となるコンディション。選手は市街地から小麦などの畑作地帯に至る起伏に富んだコースに挑んだ。完走率は95・9%。(大場俊英)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る