PR
PR

正恩氏、制裁に対抗訴え 経済活動に影響の可能性

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、金正恩朝鮮労働党委員長が北部両江道三池淵郡の建設現場を李雪主夫人と共に視察したと報じた。金氏は「敵対勢力の執拗な制裁」によって困難な状況がつくられつつあるとしながら、これに対抗して「山間文化都市」を建設するよう訴えた。

 視察の具体的な日時は伝えていない。金氏は今月、東部江原道の「元山葛麻海岸観光地区」の建設現場を視察した際にも「強盗のような制裁封鎖」に言及しており、経済活動に影響が出ている可能性がある。

 三池淵は中朝国境近くにあり、故金正日総書記の出生地があるとされ、北朝鮮では「革命の聖地」と位置付けられている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る