PR
PR

CIA元長官、トランプ氏を批判 「権力に酔いしれている」

 【ワシントン共同】ブレナン元米中央情報局(CIA)長官は17日、トランプ大統領から機密情報アクセス権限を剥奪された後、初めてテレビ出演し「彼は権力に酔いしれていると思う」と強く批判した。トランプ氏は18日、ツイッターでブレナン氏を再度攻撃し、両者の非難合戦が続いた。

 ブレナン氏はMSNBCテレビのインタビューで「トランプ氏はアメリカという車のハンドルを握っているが、著しくコースを逸脱している。自己保身に躍起だ」と指摘。大統領が権限を乱用しているのに「多くの共和党メンバーが(批判せず)見て見ぬふりをしているのに、ひどく失望している」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る