PR
PR

中国主席、9月訪朝と報道 シンガポール紙、建国式典で調整

 【北京共同】シンガポール紙ストレーツ・タイムズ電子版は18日、中国の習近平国家主席が9月に北朝鮮を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長から招待を受けた9月9日の北朝鮮建国70年を祝う式典に出席する方向で最終調整中だと報じた。

 中国は朝鮮半島の非核化に向け、北朝鮮の後ろ盾として積極的に関わる構えで、緊密な関係をアピールする狙いがある。

 中国国家主席の訪朝が実現すれば2005年の胡錦濤氏以来となる。習氏は今年に入り、3度にわたって中国を訪れた金氏と会談、両国は関係を急速に改善させている。

 北朝鮮は今月11日から外国人の団体観光客受け入れを中止すると通知していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る